カラコンのトラブルや過ちの知識

カラコンは十分に注意して使おう

カラコンは十分に注意して使おう カラコンはコンタクトレンズと同様に、目に直接触れさせて使用するものです。従って、誤った使い方をしてしまうと目に余計な負担をかけ、トラブルを引き起こす可能性があります。実際にカラコンが原因で目の疾患を引き起こした例は少なくありませんので、適切な知識を身につける事をおすすめします。当サイトでは、カラコンにおける注意点をいくつか紹介します。

カラコンは一時期まで薬事法における対象品ではなかった事もあり、扱いとしては雑貨と言えるものでした。そのため眼科医による処方箋を必要とせず、手軽に購入する事ができたため、知識を持たない事が気軽に使い目のトラブルを起こしてしまう事が多くありました。また粗悪品が出回っている事も少なくありませんでした。レンズによる角膜炎を起こしてしまったり、眼球に傷をつけてしまったりするトラブルがありますし、場合によっては視力に大きく影響する病気を起こす可能性もあるため、カラコンの扱いには今でも十分に注意しなければなりません。

カラコンに限らず、コンタクトにもいえる事ですが、レンズをつけている時に起こりやすい症状の一つがドライアイです。これは目がぼやけたり、ゴロゴロした感覚を感じたりする事です。レンズをつけていると目が乾燥しやすく、しっかりと酸素が行き届かなくなるため、様々な症状を起こしやすくなります。カラコンを使用している際には、目の負担を極力軽減させてあげるためにも、定期的に目薬をさしておく事をおすすめします。

カラコンはコンタクトに比較すると酸素透過性が悪いという特徴があります。そのため目の酸素が欠乏してしまいやすく、角膜が腫れてしまったりやや見えづらくなってしまったりする事もあるため、適切に使わなければなりません。水分が不足してしまう事のないように目薬をさす事も肝心ですが、長時間カラコンを装着していない事も大切です。また、化粧の方法によっては余計に目に負担をかけてしまったり、細菌感染の恐れがあったりするので、適切な使用方法を身につけるようにしましょう。

カラコンを安全に使うためには、ワンデーでないものはコンタクトと同じく適切な洗浄を行い、安全に保存する必要があります。レンズに水道水が触れてしまうと、アカントアメーバ角膜炎を起こしてしまう心配がありますので、こちらも注意しなければなりません。当サイトではこれらのような、カラコンに関する注意点を紹介しています。気になる方はぜひ、チェックしてみてください。フォーチュンコンタクト

最新記事